<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
明日、明後日は熊本へ。2019.11.22

晴れ(福津)

 

20327-_-8747595-_-DSC_0294.jpg

今週末は熊本で開催される九州蚤の市に出店致します。

 

九州 蚤の市

場所:熊本県農業公園 カントリーパーク
(熊本県合志市栄3802−4)

期間:11月23日(土) 09:00-16:00、11月24日(日) 09:00-16:00

 

お時間ございましたら、お近くにお出かけの際は、是非お越しくださいませ。

 

(※土曜日は天気良さそうですが、日曜日は雨予報。

雨の具合にもよりますが、日曜日の出店は出来ない可能性もあります。)

 

 

affordance  革鞄と革小物と、味のある暮らし 

 

9年物のカバン。ビフォーとアフター。2019.11.16

晴れ(福津)

 

修理品。(9年程使用)
affordanceを初めて間もない時に作ったカバンの修理。

ほぼ毎日お仕事鞄として持ち歩いてるとのこと。

 


ここまで使って頂けると、仕事冥利につきる。

さぁ、修理です。↓


まず全部バラして。掃除。

そして、薄くなってきてる部分を交換するため切り離しました。

 

ショルダー紐もだいぶ痛んでるので交換します。

 

 

修理完了。

 

修理内容
・薄くなってた革を交換(上部)
・マチの角も薄くなってたので補強
・ショルダー交換
・クリーニング

 

後面。(内ポケットも交換しました)

 

底の四隅も補強しました。

 

クリーニングしてオイルも入れるとだいぶ蘇りました。(下部)

 

 

修理しながらお客さんの事、当時の状況などもこの鞄を通して思い出しましたー。
改めて手作りの良さを感じた束の間のタイムトリップ。でした。

 

まだまだ使えそうで良かった!

主人の元へ。🚚

 

 

affordance  革鞄と革小物と、味のある暮らし 

 

 

第11回 灯しびとの集い 終了しました。

晴れのち雨(福津)

 

20319-_-9769674-_-DSC_0171.jpg

第11回灯しびとの集い終了しましたー。
今回4年ぶりの出店でしが、
初めましての方はもちろん、当時買ってくれた方が使ってる物を見せに来てくれたりして...

それぞれ良い味が出てました。
この仕事やってて良かったーとしみじみ思います。

 

5月末に開催された松本クラフトフェアも4年ぶりの出店で

同じような事があり、同じような事を書きましたし思いました。

 

作って完成じゃなくて、使ってもらってはじめて完成する。なんて粋な事を革業界では言いますが、

ほんとにそう思います。

どうもありがとうございます。

皆々様、どうもありがとうございました。

 

また何処かで。

 

お礼までで失礼して。

 

affordance  革鞄と革小物と、味のある暮らし 

 

今週末は大阪堺市へ。2019.11.07

晴れ(福津)

朝晩はだいぶ冷えてきました。

もう11月ですからね。

 

今晩もお寒うございます。

みなさま、体調崩さぬようご自愛くださいませ。

 

affordance04.jpg

さて、今週末は大阪堺市で開催される 灯しびとの集い に出店致します。

 

第11回 堺クラフトフェア [ 灯しびとの集い ]

場所:大仙公園:大芝生広場(大阪府堺市堺区)
※2019年は “大芝生広場” での開催ですのでご注意下さい。

期間:11月9日(土) 10:00-16:00、11月10日(日) 10:00-16:00

 

両日とも天気は良さそうですが、

寒暖差は大きいようですね。

しつこいて恐縮ですが、なんせ朝晩はお寒うございますから。

お越しの際は暖かい格好でお出掛けください。

 

 

灯しびとの集いとは(下記HPから引用してます)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「Craft」とは、機械生産に対しての手仕事、と表現される。

元来モノを大量に必要とした時代が来る前には
Craftという言葉は無かったのかも知れない。
そのくらい人がモノを作るということは当たり前のことなのです。

当たり前で無くなりかけている時代に、その当たり前のことを生業とし、
人々の暮らしの中に小さな”思い”という明かりを灯す人たちがいます。

彼ら彼女らと触れ合い、モノが持つ物語に耳を傾けることで、
人の暮らしが少し豊かになり、モノに対する価値感も変るのではないでしょうか。

堺という街は日本の工芸を育てた「茶の湯」に縁が深く、
また古くは世界各国から様々な文化が水揚げされた
情報の窓口としての中心地でした。

再びこの場所から、人と人とのつながりをモノや食を通して
関西一円をはじめ全国にも広げて行きたい。

灯しびとの集いはそんな志を持つ人の集まりです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

affordance  革鞄と革小物と、味のある暮らし